台湾茶(凍頂烏龍茶) 通販 | 台湾茶通販専門店 三国志


美味しい・健康にいい・カンタンに入れられる にこだわった日常のお茶をご提供します

TEL:097-597-1112

花粉症予防には「べにふうき」もよく聞くけど、凍頂烏龍茶とどう違うの?

凍頂烏龍茶もべにふうきも「メチル化カテキン」の含有量が多いと言われている商品です。
べにふうきと比べて凍頂烏龍茶をおすすめできる点は、カフェイン含有量の少なさ。

カフェインを多く摂り過ぎると、「眠れなくなる」「胃がもたれる」などの症状が出る方もいらっしゃるようですが、発酵食品である凍頂烏龍茶はその点は心配ありません。
安心してご愛飲頂けます。

さらにもうひとつの大きな違いは「味」です。
べにふうきを飲まれた方はご存知かと思いますが、べにふうきには独特の「苦味」があります。
花粉症にいいということで飲まれている方も、「苦味」が気になる方もいらっしゃるようです。

 

もともと「べにふうき」は紅茶品種のものです。紅茶は高発酵を行いその味や風味をつくっていきます。
べにふうきは、紅茶として加工すればもちろん美味しいのですが、メチル化カテキンは重発酵で加工すると、メチル化カテキンの成分が無くなってしまいます。

そのため、発酵させない「緑茶」として加工せざるをえないのです。緑茶は高温で淹れるものではなく80度位の中温程度が美味しいと言われています。

しかし、
メチル化カテキン成分を多く出すには高温で淹れないといけない。

そもそも高温では美味しくない緑茶を、メチル化カテキンを出すために高温で淹れるので苦みが出るとも言えるのです。

 

一方、凍頂烏龍茶はどうでしょうか?



 

高級茶である凍頂烏龍茶は、元々の茶葉の品質が非常に良いため、素材そのものの味や香りを楽しむために軽発酵で仕上げ、焙煎もほとんど行いません。

さらに、凍頂烏龍茶は香りを重視するため、高温で淹れないと美味しくないので、もともと高温でしか淹れないのです。

 

 

つまり高級凍頂烏龍茶は、紅茶のように発酵が強くないのでメチル化カテキンが壊れずしっかり残り、もともと高温で淹れて美味しいお茶なので、とても美味しくて、メチル化カテキン成分もしっかり出るのです。

 

このような理由からおいしく味、香り、メチル化カテキンを楽しめる凍頂烏龍茶を花粉症対策のお茶としておすすめしています。